インフォメーション

ブログ一覧

2017.07.03 ブログ
2017年東京都議会議員選挙中野区選挙区結果

P7014377

中野区議会議員の森たかゆきです。 平成29年7月2日執行の都議会議員選挙中野区選挙区の結果が確定しました。 当落結果と各候補者の投票数は以下の通りです。 荒木ちはる 都民ファーストの会 44,104 当選 高倉良生  公明党       24,647 当選 西沢けいた 民進党       23,874 当選 川井しげお 自由民主党     22,535 浦野さとみ 日本共産党     20,106 しらかし貴子 幸福実現党     1,…


» 詳細を見る

2016.10.20 ブログ
社会資本整備総合交付金活用のあり方について〜決算総括質疑報告その1

no_photo

中野区議会議員の森たかゆきです。 中野区議会第3回定例会決算特別委員会での私の質疑の内容を、何回かに分けてご報告します。 1回目は、「社会資本整備総合交付金」についてです。 あまり馴染みのない言葉でとっつきにくい印象を受けるかと思いますが、国土交通省の様々な補助金を原則一本化した補助金として平成22年に創設されたもので、区内の公園や施設の整備など様々な事業に活用されています。自治体にとっては、「自由度が高く、創意工夫を生かせる総合的な交…


» 詳細を見る

2016.10.14 ブログ
区立幼稚園の存続を求める陳情に対する民進党議員団討論原稿

no_photo

中野区議会議員の森たかゆきです。 先ほど、第3回定例会が閉会しました。 報告すべき内容がてんこ盛りの定例会となりましたが、取り急ぎ、本日の本会議で行った区立幼稚園の存続を求める陳情4本に対する民進党議員団の討論原稿を掲載します。 今回の討論にあたっては、区長、職員、同僚議員、陳情者を始めとした区民の皆さんに対する訴えであることと同時に、10年20年先にも読まれることを強烈に意識をして原稿作成にあたりました。少し長いですが、お読みいただけ…


» 詳細を見る

2016.07.30 ブログ
「驚異的な吸収力」を見せた鳥越俊太郎さんを都知事に!

no_photo

中野区議会議員の森たかゆきです。 明日は都知事選挙の投票日です。 都知事選挙が行われることになってから選挙の告示日まで、候補者の選定や選挙の枠組みを巡って様々な議論がありました。そして、今振り返ると、その議論が最後まで尾を引いた選挙だったように思います。 私も自分なりに思うところがあり、未だに納得していないことも多々あります。しかし、今回私たちが推薦している鳥越俊太郎さんを都知事にしたいという点に迷いはありません。 政策がないと言われた…


» 詳細を見る

2016.06.17 ブログ
中野駅西口のオープンが大幅に遅れることになりました

委員会資料表

中野区議会議員の森たかゆきです。 またしても久々のブログ更新になってしまいましたが、中野駅の再開発で大きな計画の見直しがあったのでご報告します。 タイトルに記載した通り、中野駅の南北自由通路と橋上駅舎(いわゆる西口)の整備が当初の予定よりも大幅に遅れることとなりました。 これまでの計画では平成32年頃完成予定とされていたのですが、昨日の中野区議会区内駅周辺等まちづくり調査特別委員会での報告によると、今後工事着手から駅・自由通路の開業まで…


» 詳細を見る

2016.03.19 ブログ
自殺対策は本格的な「地域の時代」へー日本自殺総合対策学会フォーラム参加記録

image

3連休ですね。 連休初日は「日本自殺総合対策学会フォーラム2016」というイベントに参加してきました。今国会で自殺対策基本法の改正が行われる見込みで、その改正内容の詳細や、自殺対策の現状等についてのフォーラムです。 私が自治体議員として最も気になっていたのが、自治体に「自殺対策計画」の策定義務が定められた点です。 自殺の実情は地域によって大きく異なります。そのため、自治体がそれぞれの地域の実情を正確に把握し、地域に合った対策を進める必要…


» 詳細を見る

2016.02.23 ブログ
「育てやすい」から「生みたくなる」へ。区長発言の真意とは。

no_photo

2月17日から中野区議会第一回定例会が始まりました。初日には区長の施政方針説明があり、その後の3日間で20名の議員が一般質問を行いました。私は民主党議員団幹事長として登壇しましたので、何度かに分けて質疑の概要をお伝えします。 今回は、区長の施政方針説明にあった「具体的な出生率の目標を立て、「育てやすい」から「生みたくなる」への取り組みの強化を図る」という発言についてです。 出生率の数値目標設定は私が以前に提案したものでもあり、その実現は…


» 詳細を見る

2016.02.13 ブログ
育休を「取れなかった」宮崎議員と同世代のパパ政治家が、一連の騒動で感じたこと

no_photo

男性国会議員初の「育休取得」の希望を明らかにしていた宮崎謙介衆議院議員が、週刊誌に自身の不倫スキャンダルを報じられたことをきっかけに、議員辞職を表明しました。 考えうる限り、というようりも通常考えられる範囲を大きく飛び越えた最低最悪な結末になってしまいました。男性の育休取得推進の一つのきっかけとなるであろうと考え、彼のチャレンジを応援してきた一人として、残念でなりません。 宮崎議員を応援してきたと言っても、正直なところ、私は彼について今…


» 詳細を見る

2016.02.11 ブログ
「新しい中野をつくる10か年計画」の改定作業がイレギュラーな展開を見せ始めています

no_photo

以前からお伝えしている通り、中野区は現在「中野区基本構想」「新しい中野をつくる10か年計画」の改定作業を進めています。基本構想については通常の流れで議論・手続きが進んでいますが、その下に位置付けられる「10か年計画」の改定作業がここにきてイレギュラーな展開になってきています。 きっかけは、昨年の中野区議会第3回定例会に示された「新しい中野をつくる10か年計画(第3次)」の「素案」が、とても基本計画とは言えないほど曖昧なものだったことによ…


» 詳細を見る

2016.01.30 ブログ
中野区、待機児童対策として「定期利用保育事業」の実施を発表

当日の委員会資料がこちらです。

1月28日、子ども文教委員会が開会されました。 子育て支援関係の報告も幾つかあったのですが、その中で来年4月からの保育園利用に影響が出てくる案件として、「定期利用保育事業」の実施が報告されました。 具体的には・・・ 1.新規開設園を中心に発生している4、5歳児の枠の空きを活用し、待機児童となっている1〜5歳児を受け入れる。 2.利用期間は単年度とする。 3.保育料は認可保育所保育料と同額とする。 といった対応を行う事業です。 新たな待機…


» 詳細を見る